Scroll
activity

海藻について楽しく学ぶ
「海藻のヒミツ」(3/13〜5/31)

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

activity

海藻について
楽しく学ぶ
海藻のヒミツ
(3/13〜5/31)

<海の花咲くリゾナーレ>海を守るヒーロー「海藻」について、楽しく学ぶ体験プログラム「海藻のヒミツ」。海藻博士に扮したスタッフによるレクチャーのもと、クイズや海藻を観察する体験を通じて、楽しみながら海藻のことを学びます。環境問題に目を向けるきっかけにもつながる体験プログラムです。(3/13〜5/31)

海藻のヒミツとは

海水の透明度が高く、豊かな森から海へと水が流れ込む環境により、伊豆の海藻の数は日本一多く、その数は約400種類を誇ります(参考:静岡県ホームページ「生物の宝庫駿河湾」)。地上の植物と異なり冬によく育つ海藻は、春が最も種類・量共に豊富になる旬のシーズンです。一見地味なイメージがある海藻ですが、藻場(もば)と呼ばれる海の森を作り、多くの生き物にとっての生息地になるなど、実は海の環境を守る重要な役目を果たしています。海藻の持つ意外な一面を知ってもらいたいという思いから、プログラムの実施に至りました。

■海藻の役割と環境問題
海藻が集まった藻場(もば)と呼ばれる海の森は、海に住む多くの生き物にとっての生息地となっています。また、海藻は水中の有機物を分解し、酸素を供給して海水を浄化するなど、生物多様性の維持において重要な役割を果たしています。太陽光は海藻にとっての栄養であり、水がきれいな海では光が海底までよく届くので、海藻がしっかりと育ちます。一方で、海水が濁ると太陽光が十分に行き届かず、海藻が育たなくなってしまうので、海の森としての役割を果たすことができなくなります。水質汚染の大きな原因となっているのは、プラスチックごみの流入です。その流入を防ぐことは、太陽光が行き届くきれいな海水を保ち、海藻がしっかりと育つ環境を作ります。そして、海の森を生息地とする多くの生き物の生存環境を守ることにつながります。
<監修>
海藻おしば協会会長:野田三千代氏
浜辺に打ち上げられた様々な海藻を素材にした「海藻おしば」を糸口に、「海も森も大切に」をスローガンに掲げ、海と地球環境保全の啓発活動に取り組んでいます。

<POINT1>海藻になりきって参加する

海藻は、海の深さによって光の当たり具合が変わることで、紅色、褐色、緑色と鮮やかな色に育ちます。プログラムでは、海の深さに合わせて色が異なる海藻にちなんだ、3種のキャラクターが登場します。参加する子どもたちは研究生として白衣を着用し、さらにキャラクターをイメージした帽子を被ります。まるで自分も海藻になったかのような気分です。

<POINT2>ストーリー仕立てで楽しく学べる!海藻博士によるレクチャー

海藻博士がストーリー仕立てでレクチャーをします。ストーリーの中では、被った帽子の色に従って仲間の海藻を見つけたり、役割を当てたりするクイズが登場。海藻になりきった子どもたちは、楽しみながら海藻について学ぶことができます。海藻おしば協会野田氏の監修のもと、海藻を糸口として環境問題に目を向けるきっかけにつながります。

<POINT3>海藻の意外な一面を知る2つの体験

①海藻を広げて観察するピンセットで海藻を広げてルーペで観察してみると、想像よりも大きく広がったり、お花のように鮮やかで美しかったりと新たな発見があります。食用としてのイメージが強い海藻の意外な一面を知り、ワクワクする体験です。

②ワカメの色の移り変わりを観察する緑色として馴染みのあるワカメは、本来は濃い茶色をしています。茶色のワカメにお湯をかけると、一瞬で緑色へと移り変わります。まるでマジックのような色の変化を観察する、あっと驚く体験です。

衛生管理と3密回避の徹底

お客様の健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、ホテルやレストラン、パブリックエリアなどでさまざまな対応を行っております。チェックイン時の海外渡航歴の確認や検温のお願い、パブリックエリアや客室の除菌清掃、スタッフのマスク着用と健康管理の徹底などです。また、密閉、密集、密接の「3つの密」を回避する滞在を作るべく、ソーシャルディスタンスの確保や、混雑緩和のための取り組みを行っています。最高水準の対策により、安心して過ごせる安全なリゾートでの滞在を提供します。
* 動画はスマートフォンで再生できます






開催期間
2021年3月13日(土)~2021年5月31日(月)毎日
 
開催時間
10:30〜11:00、15:30〜16:00
 
料金
無料
 
対象
3歳以上(宿泊者限定)
■定員:各回6名(3組まで)
 
注意事項
■開催場所
9Fアクティビティラウンジ

■お申込み
当日予約
朝8:30よりアクティビティラウンジにて受付