Scroll
special

お米の学校2021プロジェクト始動
(4/15〜10/21)

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

special

田んぼの原風景や米食文化を宿泊者とともに継承する
「お米の学校2021」
プロジェクト始動
(4/15〜10/21)

田んぼの原風景や米食文化を継承する「お米の学校2021」プロジェクトを始動します。プロジェクトでは、栃木県・那須町の農家「稲作本店(FARM1739)」協力の下、リゾナーレ那須の宿泊者と一緒に、施設内の田んぼで4月から10月までの間、種まきから収穫、脱穀、精米までの米作り、火おこしや炊飯体験などを実施し、お米に親しむ人口を増やし、リゾート滞在を通してお米の魅力を伝えていきます。(4/15〜10/21)

お米の学校2021プロジェクトについて

日本における田んぼの面積は、農林水産省のデータによると、昭和40年(約312.3万ha)から平成28年(約147.8万ha)と減少しています。また、一人あたりの消費量も、昭和40年(111.7kg)から平成28年(54.4kg)と、半減しています。さらに、コロナ禍における米の消費量は、輪をかけるように、減少傾向にあります。この状況に危機感を持ち、日本初のアグリツーリズモリゾートとして、日本の原風景である田んぼの面積を守り、お米の消費量の減少を止めたいと考えました。そこで、より多くの方へお米の魅力を伝えることで、少しでもこの状況を打破したいとの思いから、同じ思いを持った地元農家にご協力を仰ぎ、プロジェクトを立ち上げました。

<POINT1>施設に隣接する「田んぼ」で、種まきから米づくりの1年を体験できる

リゾナーレ那須に隣接する、「田んぼ」で毎回の体験を行います。全5回の開催期間中は、一般では中々体験できない「種まき」から手作業での「田植え」、「収穫や脱穀」を体験することができます。また、各回には、火おこしや炊飯などのアクティビティ体験に加え、地元農家をゲストスピーカーとして迎え、お米の歴史や文化、自然の力に頼ったお米づくり、よりおいしく食べるための保存法や炊飯の仕方などを教えてもらいます。お米のはじまりから食卓に届くまでに関わることができるプログラムです。

第1回:種まき、ゲストスピーカー(種からはじまる!お米の一年)
第2回:田植え
第3回:田んぼの観察・手入れ、火おこし体験、ゲストスピーカー(お米の文化と田んぼの生き物)
第4回:収穫、掛け干し
もみすり
第5回:脱穀、籾摺り、精米、羽釜ご飯を炊く体験、ゲストスピーカー(おいしいご飯の選び方・炊き方)

<POINT2>地元農家から教わった米作りをお客様と実践する

プロジェクトにご協力いただくのは、那須町の米農家「稲作本店」(FARM1739)」です。農家は、那須でお米作りを続けて150年、食べる人の健康と、環境に配慮し、コシヒカリ・なすひかりなどの特Aランク米を無農薬・減農薬栽培で育てています。また近年は、お米の未来を考え、ポン菓子を自家製造するなど、魅力を多くの方へ届ける活動を行った結果、2020年には「とちぎ次世代の力大賞」の「奨励賞」を受賞しました。リゾートでは、お米の種まきから収穫、脱穀までを教わっていますが、2021年は、リゾナーレ那須のスタッフが、その方法を元に、お客様と一緒にお米づくりを実践します。
■稲作本店(FARM1739)のご案内はこちら https://farm1739.com

<POINT3>「勝手に SDGs」とプロジェクトの関わり

星野リゾートでは、ホテルと地域は一心同体だと考えています。地域の魅力が高まることはホテルの業績に直結し、逆にホテルは地域の魅力を発信することで地域ブランド力を高めることに貢献できます。こうした地域との信頼関係に根付いた活動は持続可能な企業競争力のひとつと考え、「勝手にSDGs」という取り組みを行っています。プロジェクトは、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)における、「12.つくる責任、つかう責任」・「15陸の豊かさも守ろう」に賛同した企画です。

お米の学校2021におけるコロナ対策

・密閉空間を作らないように、屋外で開催します。室内作業に関しては、換気を行った空間で開催します。
・密集を避けるため、参加者は宿泊のお客様に限定します
・ホテルスタッフはマスクを着用し、健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)をしています。
・ホテル内の各所に除菌スプレーや手指消毒用スプレーを設置しています。

衛生管理と3密回避の徹底

お客様の健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、ホテルやレストラン、パブリックエリアなどでさまざまな対応を行っております。チェックイン時の海外渡航歴の確認や検温のお願い、パブリックエリアや客室の除菌清掃、スタッフのマスク着用と健康管理の徹底などです。また、密閉、密集、密接の「3つの密」を回避する滞在を作るべく、ソーシャルディスタンスの確保や、混雑緩和のための取り組みを行っています。最高水準の対策により、安心して過ごせる安全なリゾートでの滞在を提供します。
* 動画はスマートフォンで再生できます






開催期間
第1回:4月15日(木)
第2回:5月1日(土)〜5月7日(金)
第3回:8月10日(火)
第4回:10月1日(金)〜10月7日(木)
第5回:10月21日(木)
 
料金
全5回参加の場合:大人16,500円・小学生8,250円
1回参加の場合:大人3,300円・小学生1,650円
 
対象
小学生以上(宿泊者限定)
■定員:各回20名
 
注意事項
・米作体験、アクティビティ、ゲストスピーカーのお話(第1・3・5回)、お米15kg(全5回参加者のみの特典)が含まれます。

・天候によって実施内容が変更する可能性がございます。

■予約締め切り
7日前 17:00まで

■開催場所
リゾナーレ那須に隣接する「田んぼ」、農園「アグリガーデン」