Scroll
event

第一部 花畳の回廊(4/27〜5/6)

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

event

チューリップの
花びらを敷き詰めた
花畳の回廊

<花咲くリゾナーレ2019>第1部は、球根用のチューリップの花びらを使い、花畳の回廊を作ります。球根栽培では、栽培の過程で蕾のうちに花はカットされ、破棄されております。従来は破棄されていた美しい副産物を使い、花畳の回廊を作り上げます。この取り組みは、球根生産者の方々の賛同を頂くことで、15年に渡り続けることができています。2019年は全長150mのピーマン通りに、チューリップの花びらを敷き詰めた「花畳みの回廊」、通りの中央にあるベリーニタワーを彩るフラワーフォール、そして今回新たに登場する花をモチーフにした頭上装飾が広がります。地上から頭上まで花の咲き誇る街並みを楽しめます。(19.4/27〜5/6)

地域の高校生が花びらで描く、花畳の回廊デザイン

回廊のデザインは美術やデザインを志す高校生から募り、作品発表の場を提供することで、彼らの夢を応援します。昨年は山梨県・北杜高校、長野県・富士見高校が参加し、6デザインが回廊を彩りました。

開催期間
2019年4月27日(土)~5月6日(月)
開催時間
終日
料金
無料
対象
宿泊、外来どなたでも可
注意事項
・チューリップの生育状況により、開催が遅れる場合がございます。

■開催場所
ピーマン通り

■お問い合わせ
TEL.0551-36-5111(9:00~19:00)