Scroll
event

八ヶ岳アンブレラスカイ
2019 (6/1〜7/7)

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

event

300本の傘が
通りを彩り
梅雨空を晴れやかに彩る
アンブレラスカイ2019

ピーマン通りの150mの回廊に、今年も「傘のアーケード」が登場します。赤と白、ふたつのワインの色合いを傘のグラデーションで表現した150mのアーケードの他、「八ヶ岳アンブレラスカイ2019」では、高さ10mまでランダムに傘を飾り、空へと舞い上がるようなエリアを新設します。およそ300本の傘で造る圧巻の景色は、梅雨の時期でも外に出て、空を眺めたくなります。(6/1〜7/7)

空へと舞い上がるような傘の装飾が登場

通りの中央にある広場では、地上から高さ約10mの位置まで傘を飾り、空へと舞い上がるような装飾が頭上に広がります。その装飾は、整然と並ぶアーケードとは対照的に、傘の高さや色合いなどをランダムに配置します。どんよりとした梅雨の時期でも、空を見上げたくなる圧巻の景色が広がるピーマン通りは、訪れる人々のワクワク感を盛り上げます。

雨が降る日こそワイン日和「雨の日ワイン」

雨が降るとピーマン通りにキッチンカーがオープンします。雨の日は、湿気の影響でワインの香りが立ちやすく、また嗅覚も敏感になりワインを飲むのに適していると言われています。キッチンカーでは、柑橘系の香りやフレッシュハーブを思わせるようなソーヴィニヨン・ブランや、果実味豊かでフレッシュさが感じられるピノ・ノワール、フレッシュでみずしい味わいを感じられる甲州などの葡萄品種で造られた、香りも楽しめるワインを用意します。カラフルな傘を眺めながら雨の音と共に、ゆっくりとワインが味わうことができます。

ワインの学校「雨と葡萄とワインの関係」

毎日開催している「ワインの学校」では、日本有数のワインの産地という施設の立地を活かし、初めての方でも親しみやすい内容で、日本有数のワインの産地である山梨県と長野県のワインについて学びます。美味しいワイン用葡萄を育てるには、梅雨時期の天候が大切なポイントです。 6月1日(土)〜7月7日(日)のワインの学校では、葡萄作りの基盤となる、雨と葡萄の関係について学びます。また、雨の日にワインを楽しむ方法を、グラスの違いで紹介します。

内容
①八ヶ岳アンブレラスカイ2019
・期間:6月1日(土)~7月7日(日)
・時間:9:00〜18:00
・料金:無料
・場所:ピーマン通り
・対象:宿泊、外来どなたでも可
・備考:予約不要、荒天中止。

傘のアーケード
・期間:6月1日(土)~7月7日(日)
・時間:9:00〜18:00
・料金:無料
・場所:ピーマン通り
・対象:宿泊、外来どなたでも可
・備考:予約不要、荒天中止。

雨の日ワイン
・期間:6月1日(土)~7月7日(日)雨の日限定
・時間:平日 15:00〜17:00 / 土日祝 11:00〜13:00、15:00〜17:00
・料金:500円〜
・場所:ピーマン通り
・対象:宿泊、外来どなたでも可
・備考:土日は、雨を降らす演出を行い晴天時もオープンします。

ワインの学校「雨と葡萄とワインの関係」
・期間:6月1日(土)~7月7日(日)
・時間:毎日夕方〜夜(20〜30分程度/ホテルフロントで当日の開催時間と場所をご案内致します/複数回開催予定)
・料金:無料
・対象:20歳以上のお客様(宿泊者限定)
・定員:各回20名程度(先着順でご案内致します。各回10分前から受付開始)
 
注意事項
・プログラムの開催日程や営業時間、料金は変更する場合がございます。

■星野リゾートのアンブレラスカイ
傘の装飾で梅雨空を彩る「アンブレラスカイ」は、星野リゾートでは「軽井沢星野エリア ハルニレテラス(長野県・軽井沢町)」で2015年より開催され、リゾナーレ八ヶ岳での開催は、星野リゾートで2施設目です。豊かな緑に囲まれた高原リゾートの新緑がもっとも美しいシーズンを楽しんでいただきたい」という共通の願いを抱いて、雨の日ならではのアイテム「傘」で、空を見上げたくなる仕掛けを行う「アンブレラスカイ」の開催へと至りました。ハルニレテラスでは、清流沿いに自生する春楡の木々との調和を感じ、石畳みの回廊が続くリゾナーレ八ヶ岳では、梅雨の晴れ間に射し込む高原の強い光を傘のアーケードが遮り、心地よい光を感じられます。それぞれの施設で、趣きの異なる過ごし方ができます。

■お問い合わせ
TEL.0551-36-5111(9:00~19:00)