Scroll
dining

野菜とワインのマリアージュ Vino e Verdura 〜冬〜

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

dining

赤ワインと根菜の
冬のペアリング
Vino e Verdura

<要予約:7日前まで>「Vino e Verdura(ヴィノ・エ・ヴェルドゥーラ)」は、旬の野菜で構成された料理と同じ風土で育まれたワインを、一皿毎にペアリングして愉しむコースです。2020年1月24日〜2月29日の金・土・日、1月30日、2月10日は、赤ワインと根菜のペアリングを楽しむ期間限定メニューが登場。赤ワインの芳醇な香りやボリューム感のある果実味は、厳しい冬の寒さで甘みを蓄える滋味深い味わいの根菜と相性が良く、様々な根菜が登場する冬のメニューでは、冬ならではのマリアージュを楽しむことができます。(1/24〜2/29 金土日、1/30、2/10)

赤ワインと根菜を合わせた、冬のスペシャリテ

冬のコースでは、厳しい寒さによって甘みを増す、根菜をふんだんに使用します。例えば、香ばしく焼いたパイ生地に、キノコのピューレ、やわらかく仕立てたビーツに蕪や大根をのせた「根菜のタルティーヌ仕立て」には、「ドメイヌソガ サンシミ メルロ 小布施ワイナリー(長野県小布施町)」を合わせます。パイの香ばしさとワインの持つ樽のニュアンスがマッチして、ワインと根菜の滋味深い味わいを堪能できます。

コースではその他にも、ジャガイモや根セロリなどの根菜のポタージュスープや、やわらかく仕立てた蕪など、様々な根菜を使った料理が並び、それぞれの香りや食感を味わうことができます。ワインは、黒ブドウの上澄み果汁のみを使って淡い色に造られた軽やかな味わいの赤ワインや濃厚な甘みのデザートワインなど、全11品の料理と9種のワインでマリアージュを楽しみます。

コース料理「Vino e Verdura」

旬の野菜を使い、そのときしか味わえない逸品をご用意しています。また、野菜本来の味を最大限に引き出すシンプルな味付けにより、口の中いっぱいに季節を感じていただけます。「恵まれた自然環境に囲まれた八ヶ岳だからこそ採れる、みずみずしく色鮮やかな野菜の恵みをご提供したい」というシェフ政井の想いが込められています。

旬野菜×ワインが深みを織りなす

山梨県・長野県は日本を代表するワインの産地として知られ、老舗ワイナリーから小さなワイナリーまで、秀逸なワインが造られています。本コースでは、料理一皿ごとに地元のワインをペアリングしてご提供いたします。ワインは、やわらかい香りでシルキーなものから芳醇な香りを楽しむものまで、およそ2,000本を誇るワインセラーの中から、ソムリエの確かな技術による、料理とワインのマリアージュをご堪能いただけます。

開催期間
2020年1月24日(金)〜2020年2月29日(金)金・土・日のみ営業、1月30日(木)、2月10日(月)は営業
*メインダイニング「OTTO SETTE」の営業日に準ずる。
開催時間
18:00~20:00(L.O.)
料金
24,500円(税込/1名/7日前までに要予約/野菜とワインのペアリングコース)
*料理11品、ペアリングワイン含む
注意事項
・7日前までにご予約ください。
・野菜とワインのペアリングコースです。
・食材の入荷状況により、料理とワインは変わります。
・ワインの銘柄は入荷状況によって変更する場合がございます。
・1/24〜2/29 金土日、1/30、2/10以外の期間も、季節に沿った「Vino e Verdura」ディナーコースをご用意しております。

■ご予約・お問い合わせ
TEL.0551-36-5200(9:00~19:00)

■レストラン夕食時間のWEBご予約方法
WEBご予約方法(オプション予約)のご案内(PDF)
夕食時間を予約する
(ご予約の確認ページへ)
*宿泊者限定、ログインが必要です