Scroll
event

雪室ワインバル

Read More
一覧に戻る

リゾナーレの魅力

event

雪の中に貯蔵した
冷え冷えワインと熱々フードを味わう
雪室ワインバル

スノーリゾートタウン開催中のピーマン通りに、アフタースキーにお立ち寄りいただける、「雪室ワインバル」がオープンします。冬の寒さを活かした雪国ならではの文化「雪室」をヒントに、バルには、雪を詰め込んだオリジナルのワインセラーを設けます。ワインは、遅摘み果実の甘口ワインやオレンジワインなど、雪の力で優しく冷やすことで、味わいを増すワインをラインナップ。また、冷え冷えのワインに合わせて、熱々のフリットもご用意します。冬の寒さで甘みを蓄える根菜や、濃厚な味わいのフォアグラなど、一口サイズのフリットは、ワインと共に気軽にお楽しみいただけます。(1/25〜3/1)

冬の寒さを活かした雪国ならではの文化「雪室」

豪雪地帯に伝わる「天然の冷蔵庫」とも言われる雪室は、冬の間に降り積もった雪を夏まで貯蔵して活用する雪国ならではの知恵です。室内の温度をおよそ 0 度に保つことができ、お米やお酒、野菜など食品の保存庫として雪国では長く親しまれています。雪室ワインバルは、冬の寒さも活かして楽しむ、雪国ならではの文化をヒントに誕生しました。

天然の冷蔵庫といわれる雪室のワインセラーから、冷え冷えのワインを味わう

雪を詰め込んだオリジナルのワインセラーには、冷やすことでより味わいを増すワインを貯蔵します。例えば、熟度の高い遅摘み果実を使用した甘口ワイン「エサンスド甲州 シャトーメルシャン(山梨県甲州市)」は、冷やすことでより芳醇な香りを楽しむことができます。また、ほんのりオレンジ色のワイン「オランジュ・グリ マルスワイナリー(山梨県韮崎市)」は、口当たりがよりまろやかに変わります。他にも、収穫した葡萄を直ちに氷結して圧搾・醸造する、冬の寒さが造り出すデザートワイン「氷搾 井筒ワイン(長野県塩尻市)も味わえます。

冷え冷えワインには、熱々のフリットをあわせて

雪室ワインバルでは、注文を受けてから揚げる熱々のフリットも味わえます。フリットは、冬の寒さによって甘みを蓄えるニンジンやホクホクとした食感のジャガイモなどの根菜、サクサクの衣からトロリと溶けるチーズに、優しい甘味のりんごなど約10種類です。ワインとフリットのペアリングセットでは、濃厚なフォアグラにトリュフをあしらった贅沢なフリットと豊かな果実味が楽しめる「GABU ルミエールワイナリー(山梨県甲州市)を合わせます。

スキー帰りに、そのまま気軽に立ち寄る

150m の石畳の回廊が続くピーマン通りには、夕暮れからイルミネーションが灯り、暖かな薪ストーブから煙が立ち上ります。このピーマン通りの中央にオープンする雪室ワインバルは、ワイン樽を利用した立ち飲みスタイルで、スキーを存分に楽しんだ後にスキーウェアのままで気軽に立ち寄る他、夕食前のひと時に利用できます。

開催期間
2020年1月25日(土)~3月1日(日)
 
開催時間
16:00〜18:00
 
料金
・ワイン500円〜、
・フリット200円〜、
・ワイン1杯とフリット2本のペアリングセット 1,000 円〜
 
対象
ワインは20歳以上
 
持ち物
・暖かい服装でお越しください。
 
注意事項
■お問い合わせ
TEL.0551-36-5200(9:00~19:00)