ワインの名産地=
だれもが楽しめる場所

晴れの日が多く、陽の光もたっぷりと降り注ぐワインの産地は、ファミリーが気軽に大自然を満喫できる「ワインリゾート」として欧米で人気を博しています。ここ八ヶ岳エリアは、そんな優雅なひとときを過ごすことができる日本有数のワインの産地。豊かな自然に囲まれたロケーションには、ワインを楽しむ大人だけではなく、だれもが贅沢な時間を堪能できる、最高の環境が揃っています。

魅力あふれるワインリゾートの 楽しみ方をご紹介します。

01

八ヶ岳エリアがワインの
名産地である3つの理由

太陽された土地

日本有数の日照時間の長さを誇る
八ヶ岳エリアでは、太陽の恵みを
たっぷりと浴びた葡萄が
育っていきます。

降水量なさ

ワインになる葡萄は水はけのよさを
好みます。日本の中でも雨の少ない
この土地は、ワイン用葡萄の
栽培に
ぴったりです。

糖度かせない
寒暖差

昼は暖かく、夜はひんやりとする
標高1000mの環境下で、
ワインに最適な果実の甘みが
引き出されていきます。

果実にうれしい環境は、
人にもうれしい環境です。

02

探そう、八ヶ岳の楽しみ方

With your kids

 
day2
day1
day3
day1

03

季節ごとの魅力

春は芽吹きと花咲く季節

八ヶ岳ロゼタウンに、花咲くリゾナーレ。ピーマン通りの春は、とてもカラフル。葡萄の木には小さな白い花がたくさんついて、緑の畑を美しく彩ります。八ヶ岳の春は期待に胸膨らむ、うきうきの季節です。

夏は太陽と成長の季節

八ヶ岳マルシェの散策に、尾白川での水遊び、太陽いっぱいの畑をお散歩。八ヶ岳の夏は、おっきく育った冒険心が満たされる、元気いっぱい、わくわくの季節です。

秋は色づきと収穫の季節

まるでハロウィンの魔法にかかったように、森の木々も、葡萄の実も色づき変わるこの季節。さあ、変身して、収穫を祝うお祭りに加わろう。八ヶ岳の秋は驚きに満ちた、どきどきの季節です。

冬は輝きと成熟の季節

イルミネーションが輝くピーマン通りには、ほっこりとした薪ストーブの灯り。暖かなお部屋やプールで、熟成するワインのようにのんびり過ごす。八ヶ岳の冬は雪と星に見守られる、ぬくぬくの季節です。

04

八ヶ岳のワインを楽しむ

With your kids

ワインの学校

初心者でもわかりやす山梨県と長野県のワインの特徴や楽しみかたを学べるショートレッスン。季節ごとの異なるテーマで、何度訪れても楽しめます。無料テイスティングができるのも楽しみのひとつ。

Read more

八ヶ岳ワイナリー散歩

リゾナーレ八ヶ岳周辺にあるワイナリーをホテルのスタッフがご案内。実際に畑やワイン醸造を行っている場所を見ることで、ワインがより一層おいしく味わえるように。

Read more

メーカーズディナー

ワイン生産者を招き、生産者のワインとメインダイニングOTTO SETTEの料理をペアリングして楽しむ特別なディナー。生産者から直にワイン生産の裏話などを聞くこともできる、ワインがもっと楽しくなる体験。

Read more

YATSUGATAKE Wine house

山梨県と長野県のワインを24種類テイスティングができるワインショップ。ワインに関する書籍も充実。ワインのある豊かな暮らし「ワインライフ」を提案しています。

Read more

お部屋でもワインを楽しむ
VINO BOX

Yatsugatake Wine houseでみつけたお気に入りのワインをお部屋でたのしめるオリジナルの木箱。「1本は多すぎる」そんな時は、小さなボトルに注いだワインと、ワインに合うスナックを一緒にお持ち帰りいただけます。

Read more

ワインをコンセプトとした客室

落ち着いたボルドーカラーとワインのコルクなどをイメージした家具の置かれたナチュラルな客室。寛ぎにあわせてオリジナルのワインタブラーなど、お部屋でワインを楽しむための工夫がほどこされています。壁に描かれた八ヶ岳山脈も印象的です。

Read more

VINO SPA®

味わうだけではない、ワインの楽しみ方、ワイン用葡萄から生まれたオリジナルの化粧材でトリートメントを行います。ワインの深い香りに包まれて心からリフレッシュする時間をお過ごしいただけます。

Read more

ワインボトルクラフト

ご自身で作ることのできるワインボトルを使ったルームランプは世界にひとつだけの思い出の品に。

Read more

実は2014年に星野リゾートに入社し、「OTTO SETTE」に勤め始めるまでワインを詳しく知っているわけではありませんでした。
前職では主にフランス産などの国外のワインを取り扱っていて、国産ワインをあまり提供していませんでした。
山梨県内でも、「OTTO SETTE」ほど国産ワインを揃えているレストランはないのではないでしょうか?
ここで働き始めて、生産者に会いに行ける距離にいる、ということが新鮮でした。生産者と直接お会いして、実際ワイナリーを見たりし、お話をすると1本のワインの裏にあるストーリーが見えてきます。それをお客様にもお伝えすることで、より一層おいしくお召し上がりいただけるのではないかと思い、ワイナリーに足を運ぶようにしています。お客様に興味を持っていただき、ワイナリーに行ってみたい、と思っていただけると嬉しいですね。
月に1回「OTTO SETTE」で開催する「メーカーズディナー」は、実際にワインの生産者にお越しいただき、その生産者のワインと「OTTO SETTE」の料理をペアリングして楽しむものです。生産者と2時間程を共に過ごすので、普段では聞けない細かい質問にも答えていただいたり、1本1本のワインに込めた思いをお聞きできたりと、そのワインを深く知ることができます。これも生産地に来るからこそのワインの楽しみ方だな、と思います。

海外のワインと比べて、日本のワインは優しい感じがします。 ワインが強く主張してくるのではなく、お料理と寄り添うようなワイン。
もちろん中にはインパクトのある重厚なワインもありますが、全体的に優しい。そのためイタリア料理やフランス料理に限らず和食など、いろいろなお食事にも合わせやすいと思います。
「OTTO SETTE」はイタリア料理ですが、素材の味を活かした味付けのため、優しい日本ワインはとても合います。
また、地元の食材にもこだわっているので、山梨の野菜と山梨のワイン、というように同じテロワール(土地)で育ったからこその、相性の良さが感じられます。

いろんなお客様がいらっしゃいますが、まずはとにかく話をよくお聞きします。
普段からワインを召し上がる方なら、どんな香り、味がお好みなのか、今日はどんな気分なのか、などのヒアリングをして、おすすめのワインの見当をつけます。逆にワインをあまり召しあがったことがなくて自分の好みがまだわからない、という方ともやはり大事なのはお話。
ワインを構成する味を少しご説明し、普段の食の好みなどを伺って、飲み口の柔らかなものや、少し甘味のあるものなど飲みやすいワインをまずはおすすめします。
そして、ワインをサーブする際には、温度、グラス、タイミングなど細かな点に気を配り、1杯1杯丁寧にお出しするようにしています。オーダーいただいたワインをそのままお出しするのではなく、その1杯が特別なものと感じていただけるように、演出するのもソムリエの役割だと思っています。

ワインは種類が多かったり、なんとなく敷居が高い感じがしたりと、手を出しづらいところがあるかもしれません。
最近はいろいろなテイストのワインがあるので、必ず好みの味のワインがあります。とにかく気軽にソムリエにお尋ねいただき、その会話を楽しみながら、お好みのワインを見つけてほしいと思います。
「リゾナーレ八ヶ岳」で毎日開催している「ワインの学校」はワイン初心者の方にも、楽しくわかりやすくワインを知っていただける、ミニ講座です。
ちょっとテイスティングをしてみるという気持ちで参加し、ワインへの一歩を踏み出していただけると嬉しいです。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 レストラン「OTTO SETTE」
シニアソムリエ
1966年12月15日生まれ 山梨県・甲斐市出身

30歳でソムリエの資格を取得した長久保が、ワインに興味を持ったきっかけは、22歳の時、研修先のレストランで共に働いたソムリエとの出会い。そのスマートな立ち居振る舞いや、ゲストがソムリエを信頼する様子に、憧れを抱いた。月日のたった今は、シニアソムリエとして、同じ職場の若いスタッフに憧れられる存在となっている。